薬局で市販されているデリケートゾーンの黒ずみアイテム まとめ

薬局で市販されている商品でデリケートゾーンの黒ずみは解消できる?

市販されている商品の特徴

薬局やドラッグストアなどで市販されている黒ずみ用の商品は解消されるのか調べてみました。ドラッグストアや薬局などで市販されている黒ずみ用の商品は主に二の腕や顔などの黒ずみを解消するための製品が多いです。一般に市販されている商品としては顔や二の腕などにできてしまった黒ずみを何とかしたいという人が多いのです。そのため市販されている商品の中ではデリケートゾーン専用というものは少ないようです。

どんな場所に使えるの?安全性は?

デリケートゾーン専用という商品はなかなか見かけることはありませんが顔や二の腕などに使うことができる黒ずみ用のアイテムをデリケートゾーンに使うことができるのでしょうか?これはよく調べてみた結果顔や二の腕などの黒ずみをアイテムをデリケートゾーンに使うと頭が炎症を起こしてしまう危険性があります。というのもデリケートの場所はお肌の厚さが薄いのでそれだけ影響を受けやすいという特徴を持っています。

デリケートゾーンの黒ずみの解消は専用のクリームを使うのがベスト

専用の商品と薬局に売っている商品との違い

一般に市販されている黒ずみ用の化粧品とネットなので市販されているデリケートゾーン専用の商品の違いは安全性に最大限の配慮をしていることです。デリケートな場所というのはそれだけお肌にとって影響を受けやすいので刺激のある成分を使わずに黒ずみを解消するように工夫されています。

デリケートな場所だから専用の商品がおすすめ

ネットなどで市販されているデリケートゾーン専用のクリームの特徴としてはデリケートの場所、特に脇の下や首筋肘や膝、ビキニラインやお尻などの部分に使うことができます。お肌には優しいですが黒ずみに対してはしっかりと対処できるようにデザインされています。

ドラッグストア薬局などで市販されている商品と比較した場合一番の違いは安心して使えるということです。

デリケートゾーンの黒ずみ 早く治したいときに美容外科がおすすめ

すぐにデリケートゾーンの黒ずみを解消したい場合におすすめなのが美容外科を利用することです。お値段は高くなりますがそれだけしっかりとした黒ずみの治療をしてくれます。お金よりも時間が必要という人に人気のあるのが美容外科を使ったデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法です。

お金をかけたくない時は専用の美白クリームでOK

デリケートゾーンの黒ずみを解消したい人は多いですがあまりお金をかけられないいものです。そこで逆クリーム以外にしっかりと黒ずみを解消する方法としてオススメなのが病院の皮膚科を利用した方法です。安心して黒ずみケアに専念できるということです。

デリケートゾーンが黒ずんでしまった場合多くの人は自分の判断でケアをしています。専門のお医者様に診てもらうことで自分の肌はどのような状態なのか?どのようなケアの方法が良いのかということを客観的に判断してもらうことができます。さらに保険の適用を受けることができるので1ヶ月で2000円程度という費用でしっかりとケアをすることができます。あまりお金をかけずにデリケートゾーンの黒ずみ対策をしたい人におすすめの方法です。

デリケートゾーンの黒ずみにイビサクリームが人気の理由とは?

デリケートゾーンの黒ずみができてしまう原因

黒ずみの主な原因はお肌への刺激

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因はお肌への刺激です。刺激として多いのは毎日のバスタイムでのゴシゴシ洗いや自己流による脱毛、脱毛後のケアが不十分なために炎症を起こしてしまいそれが原因で黒くなってしまうこともあります。

脇の下やVラインが黒ずんでしまう原因として多いのはきつい下着やお洋服などによるお肌との摩擦です。元々この部分は関節なので摩擦を受けやすいのですが、それに加えて下着はお洋服などによって摩擦を受けることでより強い摩擦という刺激を受けてしまっているのです。

新陳代謝が低下することでおきるターンオーバーの乱れ

不規則な生活やバランスの悪い食事、運動不足やストレスの蓄積などによって新陳代謝が低下します。
新陳代謝が低下するとお肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。私たちのお肌は28日周期で新しいお肌と入れ替わります。
乱れてしまうと周期が長期化してしまい黒ずみの原因であるメラニン色素が排出されずに蓄積することで黒ずみの原因となってしまうのです。

続けるとわかるデリケートゾーンの黒ずみにイビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみに悩む多くの女性が使用しているのはイビサクリームです。

イビサクリームの特徴とは?

イビサクリームがこれほど支持されているのには理由があります。
イビサクリームを開発した会社はもともとブラジリアン脱毛専門の会社でした。脱毛に訪れる多くの女性の意見を取り入れて開発したのがイビサクリームです。
そのため悩みを解決するための対策や工夫が至る所に向けられるのはこのクリームが人気のある理由の一つです。

イビサクリームにはこんな成分が含まれている

イビサクリームに配合されている成分としてトラネキサム酸やグリチルリチン酸2Kなどか配合されています。
トラネキサム酸の主な働きは黒ずみの原因となっているメラニン色素ができてしまうのを抑える効果があります。グリチルリチン酸2Kの主な働きはターンオーバーを促す成分です。

お肌を健康的な状態にしたり潤いやハリをもたらすような成分を配合しているので使い続けることによって黒ずみの解消とともにお肌を健康的な状態にすることができるのです。

デリケートゾーンの黒ずみにイビサクリーム 本当に効果があるのか?

デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性から圧倒的な支持を得ているイビサクリームは本当に効果があるのでしょうか?実際に口コミなどを参考にまとめてみました。

どのくらいで効き目を実感することができるの?

イビサクリームを使っている女性達の口コミなどから見てみると使い始めてから実際に効果が実感できるまで最短でも2ヶ月程度必要です。早く黒ずみをなんとかしたい人には2ヶ月は長いようですがお肌に負担をかけずに自然とお肌本来の色に戻すためには2ヶ月という時間は短いように感じます。

ターンオーバーのサイクルは28日周期なのでメラニン色素の抑制を抑えて外に排出させるまでにどうしても2ヶ月程度の時間は必要です。

イビサクリームのお値段や割引はあるの?

しっかりと自分の手でデリケートゾーンの黒ずみを治す時に役に立つのはイビサクリームですが実際のお値段は6000円前後で購入できます。さらにお得な購入方法として定期購入をすることで大幅な割引や送料無料で使い続けることができます。効果が現れるまで約2ヶ月から半年程度必要なので個別で購入するよりもこのような割引サービスを利用することがよいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドを使っても大丈夫?

デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性に人気 ヒルドイドとは?

ヒルドイドの特徴としてソフト軟膏やローションといった商品があります。一般的には全身に使われていると言われていますがどのような効果を持っているのでしょうか?

ヒルドイドとはどんな成分なのか?

ヒルドイドは主にヘパリン類似物質と言われる成分を主成分とした商品でよく使われている名前です。一般的にはクリームやソフト軟膏、ローションやフォームなどがあります。

ヒルドイドの主な効能とは?

主な効能としては皮膚細胞に水分を補給する働きを持っていたり、高い保湿力を持続させる力があります。そのため朝の塗るだけでも夕方までしっかりとお肌が潤うほどです。

保湿効果に非常にすぐれている成分です。さらに、血行促進作用があるのでお肌のターンオーバーを促してくれるという効果にも期待ができます。もう一つの効能としてはお肌にできた傷の修復、傷そのものの治りを早める効果があります。さらに肌荒れを改善したりする効果もあるので使い続けるだけでお肌を健康的な状態に戻すことができます。

ヒルドイドはデリケートゾーンの黒ずみに効果はあるの?

デリケートゾーンの黒ずみに対しては効果があるのでしょうか?主成分となっているヘパリン類似物質には黒ずみの原因となっているメラニン色素そのものを消す効果や作られるのを抑える効果はありません。しかし、血行促進作用などがあるので使い続けることによってターンオーバーを促して黒ずみを外に排出させる効果に期待できます。

ヒルドイドが入ったクリームはどんな効果が期待できるの?

使っている人の口コミで多いのが「デリケートゾーンのように皮膚が薄い場所に使った時に少しヒリヒリしたというものが多いです」これには個人差がありますので何とも言えませんがもしもお肌が敏感肌な場合やトラブルを抱えている場合は使うのを中止することも検討しなければなりません。

実際に使っている人の口コミはどんなものがあるの?

口コミとして多いのが黒くなってしまったお肌が薄くなったというよりもお肌が健康的な状態になったというものが多く見受けられます。黒ずみの解消はできませんが傷んでしまったお肌を健康的な状態に戻すには良い商品と言えます。

普段の生活でデリケートゾーンの黒ずみ対策

お肌への刺激を極力減らす

デリケートゾーンの黒ずみ対策として一番やっておきたいことがお肌の刺激を減らすことです。刺激として多いのがきついお洋服や下着による摩擦、セルフ脱毛や脱毛後のケア不足、デリケートゾーンを他の場所と同じようにゴシゴシと洗うことなどが黒ずみの原因となっているのです。基本的にこれらのことをやめるだけで症状の改善に期待できます。

セルフ脱毛の後はしっかりケアをする

一番気をつけたいのはセルフ脱毛やその後のケアです。お肌の刺激として一番強いのがカミソリを使った脱毛方法です。カミソリを使わずに脱毛ワックスなどを使うことで刺激を抑えることができます。
カミソリでも脱毛ワックスでも使った後はお肌が乾燥しやすいです。脱毛後はしっかりと保水ケアをしてあげてください。

デリケートゾーンの黒ずみ ハイドロキノンの安全性まとめ

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは効果ある?

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるとは噂されているこの成分にはどのような成分なのでしょうか?

ハイドロキノンとはどんな成分なのか?

ハイドロキノンは古くから病院の皮膚科で使われている成分です。お肌にできてしまった黒ずみの原因となっているメラニン色素の数を減らすことができるという効果をもっています。

ハイドロキノンにはどんな効果があるの?

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるというよりもメラニン色素に効果があります。その仕組みとしては普通の美白クリームに使われているような成分とは根本的に違うようです。

この成分が作用するのは黒ずみの原因となっているメラニン色素です。普通の美白クリームに使われている成分はメラニン色素が作られてしまうのを抑える効果やターンオーバーの働きを活発にする効果を持っている成分などが使われています。

この成分の場合はこのような効果ではなく根本的にメラニン色素の数を減らしていくという効果をもっています。このようなことからハイドロキノンを使うことによってお肌を元の色の状態に戻すことができるという仕組みです。

デリケートゾーンの黒ずみ ハイドロキノンの効果とはどのくらい?

これだけ強い効果を持っているハイドロキノンはデリケートゾーンに使えるのかとても疑問ですね、そこでこの成分の副作用について調べてみました。

医薬品として黒ずみ対策に使われている

ハイドロキノン自体は医薬品として医師の管理のもと患者さんのお肌の状態を見極めた医師が濃度を決めるほど注意が必要な成分です。
一般的に1%から5%程度の配合ですが、たかだか数%といってもお肌に対する刺激が強いです。なので、敏感肌の人にとってはピリピリとくるような刺激をもたらすことがあります。

高い効果と強い副作用を持っていることからお肌の漂白剤として知られていますが黒ずみに使えるからと言ってデリケートゾーンまで使えるとは限らないので注意が必要です。

医療の現場で使われているので高い効果が期待できる

ハイドロキノンは主に医療の現場で使われていますが、法改正によって一般の化粧品にも配合されるようになりましたが安心して使いたい場合は医者の指示に従って使った方が無難と言えます。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使うときに注意したいこと

デリケートゾーンの黒ずみに使う場合は自分の判断で使おうとせずに医師や薬剤師に相談してみることが必要です。というのもたとえ1%でもお肌に対しては非常に刺激が強いのでヘタをするとかぶれや炎症を起こしてしまい状態を悪化させてしまいます。このようなことから刺激が強いので注意が必要です。

違う方法も試してみることもおすすめ

無理をしてハイドロキノンを使うよりも少し時間はかかりますがしっかりと黒ずみを美白にすることができる美白クリームを使ってみてはいかがでしょうか?効き目はハイドロキノンに負けてしまいますが無理して状況を悪化させるよりもしっかりと黒ずみケアが出来て、刺激が少ない方法を選ぶべきです。