デリケートゾーンの黒ずみ ハイドロキノンの安全性まとめ

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは効果ある?

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるとは噂されているこの成分にはどのような成分なのでしょうか?

ハイドロキノンとはどんな成分なのか?

ハイドロキノンは古くから病院の皮膚科で使われている成分です。お肌にできてしまった黒ずみの原因となっているメラニン色素の数を減らすことができるという効果をもっています。

ハイドロキノンにはどんな効果があるの?

デリケートゾーンの黒ずみに効果があるというよりもメラニン色素に効果があります。その仕組みとしては普通の美白クリームに使われているような成分とは根本的に違うようです。

この成分が作用するのは黒ずみの原因となっているメラニン色素です。普通の美白クリームに使われている成分はメラニン色素が作られてしまうのを抑える効果やターンオーバーの働きを活発にする効果を持っている成分などが使われています。

この成分の場合はこのような効果ではなく根本的にメラニン色素の数を減らしていくという効果をもっています。このようなことからハイドロキノンを使うことによってお肌を元の色の状態に戻すことができるという仕組みです。

デリケートゾーンの黒ずみ ハイドロキノンの効果とはどのくらい?

これだけ強い効果を持っているハイドロキノンはデリケートゾーンに使えるのかとても疑問ですね、そこでこの成分の副作用について調べてみました。

医薬品として黒ずみ対策に使われている

ハイドロキノン自体は医薬品として医師の管理のもと患者さんのお肌の状態を見極めた医師が濃度を決めるほど注意が必要な成分です。
一般的に1%から5%程度の配合ですが、たかだか数%といってもお肌に対する刺激が強いです。なので、敏感肌の人にとってはピリピリとくるような刺激をもたらすことがあります。

高い効果と強い副作用を持っていることからお肌の漂白剤として知られていますが黒ずみに使えるからと言ってデリケートゾーンまで使えるとは限らないので注意が必要です。

医療の現場で使われているので高い効果が期待できる

ハイドロキノンは主に医療の現場で使われていますが、法改正によって一般の化粧品にも配合されるようになりましたが安心して使いたい場合は医者の指示に従って使った方が無難と言えます。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使うときに注意したいこと

デリケートゾーンの黒ずみに使う場合は自分の判断で使おうとせずに医師や薬剤師に相談してみることが必要です。というのもたとえ1%でもお肌に対しては非常に刺激が強いのでヘタをするとかぶれや炎症を起こしてしまい状態を悪化させてしまいます。このようなことから刺激が強いので注意が必要です。

違う方法も試してみることもおすすめ

無理をしてハイドロキノンを使うよりも少し時間はかかりますがしっかりと黒ずみを美白にすることができる美白クリームを使ってみてはいかがでしょうか?効き目はハイドロキノンに負けてしまいますが無理して状況を悪化させるよりもしっかりと黒ずみケアが出来て、刺激が少ない方法を選ぶべきです。